女性の英会話劇場Woman's Story

Scene 1-1 中級 Don't Stop Believing

Just the person

It is Friday, and Juliet is meeting with Will’s workmate Rick about a job.



Rick: Hello Juliet, it’s nice to meet you. Will has told me a lot about you.

Juliet: It’s nice to meet you too Rick. Thank you for taking time out of your busy schedule to meet me.

Rick: It’s my pleasure. I’ve taken a look at your resume and it looks very impressive. Please, tell me about yourself.

Juliet: Well, I’ve always loved art and writing, and I made the most of these skills from a young age. I was the editor of my intermediate and high school newspapers, and enjoyed the creative outlet that offered me. I also like meeting and talking to people, so I volunteered at a retirement home when I was a high school student .I really enjoyed talking to the people there and hearing all of their stories. I studied media and advertising at university and after graduating, I was employed by Willis Spencer and worked in their public relations department for eight years. I loved the creative opportunities that job offered me, and was a dedicated, hard-working employee. I also lead a busy life outside of work. I have a black belt in karate and work as a volunteer teaching art to kids with Down’s syndrome on weekends.

Rick: Really? And what kind of position are you looking for?

Juliet: I’ve worked in public relations up until now, and I think I am suited to that area of advertising. I love to meet and talk with people, and I can also utilise my writing and artistic skills, so it’s the perfect job as far as I’m concerned. I’ve had the privilege of working with some very talented people over the years, and have learned a lot from the experience, so I believe I have a lot to offer.

Rick: What are your strengths and weaknesses?

Juliet: My weakness is that I don’t like to submit anything less than perfect, so I can be very particular about small details. However, in my last job, my workmates and I utilised this to our advantage, and I would perform the meticulous final checks on all the work we submitted to clients. My greatest strength is that I am dedicated and easy to work with. I often go the extra mile in order to ensure the success of a project, and enjoyed a laid-back yet highly creative relationship with my co-workers.

Rick: Well, you sound like just the person we’ve been looking for, Juliet.



I was the editor of my intermediate and high school newspapers, and enjoyed the creative outlet that offered me.


この場合の「intermediate」は中学校を指す。中学校の言い方は「junior high school」「middle school」「lower secondary school」などそれぞれの国の教育システムによって色々変わる。
ex. My youngest child started intermediate last year.
He needs an outlet for all his pent up energy.

I also lead a busy life outside of work.


“lead a 〜life”で、「〜人生を送る」という意味。“busy”の代わりに、boring(つまらない)、charmed(不死身の)、checkered(色とりどりの)、corrupt(堕落した)という言葉も使える。
ex. Old Mrs McGregor led a decent life.




R: こんにちは、ジュリエット。お会いできて嬉しいです。ウィルは、あなたの事を色々と話をしてくれていますよ。

J: こちらこそお会いできて光栄です。お忙しい中、私のためにお時間をお取りくださり、ありがとうございます。

R: 喜んで。あなたの履歴書を見せていただきました。とても印象的ですね。どうぞあなた自身について教えてください。

J: そうですね、私は、以前から芸術と書くことが大好きです。そして、これらの才能のほとんどが若い頃に培われました。中学校と高校の新聞の編集者でもあり、私は自分に与えられた想像的な表現手段を楽しみました。また、人と会話をすることも好きなので、高校生の時には老人ホームでボランティアもしていました。私は、そこの人たちと話をし、色々な話を聞くのをとても楽しみました。大学ではメディアと広告を勉強し、卒業後はウィルス・スペンサーで8年間、広報部で働きました。私は、仕事が与えてくれた創造的な機会を好みましたし、献身的であり、熱心な従業員でした。それから仕事以外でも忙しく活動しています。空手の黒帯を持っており、週末には、ダウン症の子供たちにアートを教える仕事をボランティアをしています。

R: すばらしいですね。それであなたは、どのようなポジションを探していらっしゃるのですか?

J: 私は、今まで広報で働いてきましたし、広告の分野についても学んできたと思います。私は人々と会って話をするのが大好きですし、また私のライティングとアートの技術を役立たせることも出来ます。ですから、私の考えとして、この仕事は完璧だと思っています。私は、何人かの大変才能のある人々と長年働く機会に恵まれました。その経験から多くのことを学びました。ですから、私は提供できるものがたくさんあると信じています。

R: あなたの長所と短所は何でしょうか?

J: 私の弱点は、完全でないものを提出するのが嫌いだということです。ですので、細かいディテールについて非常に好みがうるさいことがあります。しかしながら、前回の仕事では、私の仕事仲間と私はこれを有利な点として役立たせ、クライアントに提出した全ての仕事に対し、私は細部にわたった最終チェックを行ってきました。私の最大の強みは、私は献身的であり、一緒に働き易いということです。私はしばしばプロジェクトの成功を確実にするために、いつも以上の力を出すことがあります。それから同僚とは、気が置けない非常に創造的な関係を楽しんできました。

R: あなたは、まさに私たちが探し続けていたまさに打ってつけの人のようですね、ジュリエット。