社会の窓から英会話Social / Business

Scene 5-4 上級 Shipwreck ~難破船~

Excess Baggage

Joan is packing up for her trip and just about ready to go. She talks about her relationship with her husband with her assistant, Rita.



Joan: Wonderful. You’ve been such a help, darling. Thank you.

Rita: Don’t mention it, Ms. Sommerville.

Joan: Call me Jane, dear. You know I don’t like all that formality…Anyway, do you think I’ve over-packed? I mean, I do have 4 suitcases, but I am going for two weeks.

Rita: I think it’s just right.

Joan: You know my ex used to always complain about how much I’d bring. Of course, he was the ultimate minimalist packer. Though, everything with him was always so minimalist: that was the problem.

Rita: Do you ever talk to your husband anymore?

Joan: Oh, god no. We need lawyers to handle any necessary discussion. Otherwise we’d be at each other’s throats. I haven’t seen him for over five years. I don’t mind, but I think it’s been hard on Audrey. The poor dear. I think she wishes her father and I would at least talk. She’s been such a trooper through the whole thing – never once complaining or taking a side.

Rita: That’s quite incredible.

Joan: I know. And now she’s gone and booked me on this cruise. She’s a wonderful daughter.

Rita: She sounds like it. Oh, your taxi’s here.

Joan: Well, I’m off. Ta, Ta.



Again we have more insight into troubled past of Joan and Sam's marriage to one other. And here too, Joan mentions the impact that this rift had on their daughter, Audrey. Thus not too much new information is revealed here. In terms of language, Joan refers to Audrey as "a trooper;" this expression is used to describe a person who has suffered through either a mental or physical ordeal with patience and fortitude. It is almost always used to compliment the character of someone with such experience. Also, Joan is an interior decorator; and her constant use of "darling", etc., indicates an affected speech, which is not uncommon in the art world (although it is by no means a defining characteristic of it).
今回のダイアログでも、ジョアンとサムのうまくいかなかった結婚生活のことが、もう少し深くわかります。さらにここでは、ジョアンが、二人の不仲が娘オードリーに与えた影響についても述べています。結局、ここで明らかになる新しい情報はそんなに多くありません。言葉の点では、ジョアンがオードリーのことを"a trooper"と表現していますが、これは、精神的または肉体的試練に苦しみながらも忍耐強く、また毅然としている人を形容する表現です。ほとんどの場合、このような経験をした人の性格を誉めるのに使われます。また、ジョアンはインテリア・デザイナーで、"darling"などの口癖からは気取った話し方をする人であることがわかりますが、これは芸術の分野ではめずらしいことではありません(もっとも、決定的な特性というわけではありませんが)。

Words & Phrases


I'm off.





Joan: すばらしいわ。こんなにお手伝いしてくれて、ダーリン、ありがとう。

Rita: どういたしまして、ミズ・ソマヴィル。

Joan: ジェーンと呼んでちょうだい。私は堅苦しいのが嫌いだって、知ってるでしょ…さてと、詰めすぎだと思う?つまり、スーツケースが4個になっちゃったんだけど、私が行くのは2週間なのよ。

Rita: ちょうどいいと思いますよ。

Joan: ほら、前の夫は、私が持って行く荷物の量について、いつも文句を言ってたのよ。もちろん、彼は最小限の荷物しかもたない人だった。彼ときたら、何もかも、どんなときでも最小限。それが問題だったの。

Rita: 最近、ご主人とお話なさることあるんですか?

Joan: あらまあ、ないわよ。私たちは必要な話し合いをするのにも弁護士が必要なの。そうしないと、私たちはいがみ合ってしまうでしょうね。彼とは5年間以上も会ってないわ。私は気にしないけど、オードリーには辛かったと思うのよ。可哀想な子。娘は父親と私がせめて口を利くことを願っているでしょうね。ゴタゴタの間中、娘は立派だったのよ。—不満を漏らしたり、どちらか一方の肩を持ったりしなくてね。

Rita: すごいですねぇ。

Joan: そうなの。そして今度はこのクルーズを私のために予約しに行ってくれたの。すばらしい娘だわ。

Rita: そのようですね。あ、タクシーが来ましたよ。

Joan: それじゃ、失礼するわ。バイバイ。