英会話のダイアログに音声付きの英語伝
英会話の英語伝
英語メールマガジン大人気メルマガ 英語伝スタッフスタッフ紹介 英語伝によくある質問よくある質問 必ず役立つ英語教材厳選英語教材 プライバシーポリシー
英語伝トップへ
誕生!0歳〜6歳、子供が英語で歌う、踊る。英語をラクラク覚えるDVD
英会話音声再生方法
英会話リスニング題材
耳に英語のタコを作ろう
つかえる英会話集
日々役立つ
女性の英会話劇場
女性必見!
社会の窓から英会話
ちょっと知的な英会話
アメリカンジョーク集
笑えて学べる
リスニングクイズ
全神経を耳に集中!
今日のONEフレーズ
日向先生の使えるフレーズ

ショッピング
Pick Up Items
アウトレット
アメリカの参考書
0歳〜6歳
英語ママ絶賛DVD
レビュー2,714件
LEDデスクライト
イベント
海外旅行アンケート結果
437人が回答 旅の秘訣は?
投稿写真「海外旅行」にて
生の写真アルバム

英語学習のあれこれ
みんなで学ぼう
英語学習エッセイ集
英語学習のヒント満載?
これは使える!リンク集
英語が学べるサイトの数々
ダイアログです。音声を聞いてしっかり確認しましょう。

Sadie's Story

Sadie talks with Miles about her past, and tells him why she feels so indignant about what people think of her.

Words & Phrases

clue in
情報を与える、説明する

sleazy
取るに足りない、薄っぺらな

hum and haw
ためらう、口ごもる

exhilarating
陽気にさせる、ウキウキさせる

novelty
目新しさ

rowdy
乱暴な、騒々しい、けんか好きの


classy
高級な、しゃれた

slut
ふしだらな女、だらしのない女

fraternity
同業者仲間

name-calling
悪口

rear one's head
頭をあげる

hushed
静かな、静まった

muffled
マフラーを取り付けた

call someone names
〜の悪口を言う、

insidious
こっそりたくらまれた、

sluttish
だらしのない、不品行な

shade of
ほんの少しの

God forbid
〜なんてとんでもない、

befriend
友人になる、仲良くなる

Sadie: It’s kind of a fine line you walk, doing what I do…or did, I guess.

Miles: You mean dancing at the club.

Sadie: Yeah… when I took the job, I had just started university and even though I got a scholarship, it was only partial and already it was difficult making ends meet…It’s hard to cover expenses making minimum wage at the school library. So I quit, and I responded to a want ad for a waitress that Bacchus, that’s the name of the club I worked at, had put in the paper. It was a downtown spot, so that meant upscale clientele, which, I thought, would mean good tips. I didn’t know it was a topless bar at the time. Anyway, I went down and met with Jimmy, the manager, and he looked at me and said ‘how’d you like to try dancing instead.’ At first I didn’t know what he was taking about. Then I clued in. Well, initially I refused and got up to leave. But then Jimmy stopped me and explained that this was not some sleazy dive and that I could make really good money working as dancer…I had kind of explained about my situation at the university, you see. Anyway, after a bit of humming and hawing, I did an audition…which believe me was really embarrassing at the time, but somehow it seemed to go well and so I agreed to do it…I mean, again, it was a topless bar, not all nude, so it seemed respectable…and on my first day, when I saw the other girls, they all looked so beautiful and graceful and sexy…it wasn’t in anyway like I pictured it would be. It wasn’t pornographic or sleazy at all. So at first I loved it. It was exhilarating being on stage with the lights and music, dancing your heart out, trying to own every pair of eyes in the place…it was amazing……

Miles: Sadie?

Sadie: Sorry. Well, the novelty of the whole thing soon began to wear off, but it started in the place I least expected it to…To be honest most of the customers were great. It was an expensive place with a good reputation, so the clientele were mainly business men just out for a good time. Sure they’d get a bit rowdy and stuff, but most of them were well behaved and knew how to obey the rules.

Miles: The rules?

Sadie: No touching, no soliciting. It was…is, as I said, a classy place…If you can say that about a strip club. Anyway, some people at school found about what I did, and the word spread like wildfire…it was horrible. Friends, or supposed friends, stopped talking to me. I had girls and boys I didn’t even know calling me “slut” and “tramp”and worse than that…it was a nightmare…it got to the point where I couldn’t even go to a party without some drunk frat boy trying to feel me up or get me to take my clothes off for him.

Miles: That’s terrible.

Sadie: I don’t know…anyway to make a long story short, I left residence and moved in here, away from the school. I focused on doing my job and my studies, and spent most of my free time with the people I worked with…at least they didn’t make me feel less than human. I was able to keep my scholarship for the whole time I was at university, and the money from work covered the rest…eventually the name calling and stuff died down to a tolerable level, but that’s when the ugliest aspect of it reared its head. Underneath the fake venire of so called acquaintances - because I had very few people I considered friends at this time - and class mates were hushed whispers, and muffled laughter that followed me everywhere…and I wasn’t being paranoid either…I did get some reports of what was being said behind my back, and a lot of it I overheard by chance…people were reluctant to include me in things…or do something with me if I invited them. At least the people calling me names were honest about it. It was the insidious side of things, hidden behind a fake friendly, “tolerant” venire that burned the most…It must be so nice to be in such a perfect world where you can live on mommy and daddy’s money, drive mommy and daddy’s car, and have your perfect little set of black and white values, which tell you that saying “hi” to the slutty stripper is a comfortable shade of eggshell, but actually accepting her or, god forbid, befriending her is pitch fucking black!

Miles: Sadie, that’s a terrible thing to have to endure…I don’t envy you any of that.

Sadie: You don’t know what it’s like, Miles…people look right through you like you don’t even exist. At least I had the club, and my friends there to give me some sense of worth. Now I don’t even have that…

Miles: Sadie?…Sadie?

Sadie: Miles…God, I’m doing it again…you don’t need this…please forget about all this today…I’ll come back again, I promise…but forget it okay…I’m sorry I just…I have to go…
(leaves quickly)
ポイントとなる表現の解説です。

You will recall from previous dialogues that Sadie had said that some bad experiences in her past had made her sensitive to the way people view her. We find out here how she became an exotic dancer, and some of her reasons for choosing the job. She also shares her impression of the industry, compared with what she had thought before becoming a dancer. From the story that she tells, it is evident that Sadie’s problems arose from among her peer group at school and not from the clientele at the club. As we will learn in future dialogues, Sadie came from a poor family and going to university was a big deal for her; but she never really felt at home among other kids from more privileged backgrounds. Her becoming an exotic dancer only made her feel the sting of social inequality all the more once people at school found out about it. As a result, Sadie’s feeling of indignity comes from two things: one is being treated like a sexual object by boys at her school, which attacks her sense of identity as a woman; and the second is the way in which she is judged by other students and how deep their instilled values seem to run. The second of the two is what has gotten to her the most.

前回のダイアログからは、過去に嫌な経験をして、そのために人の目を気にするようになった、とセイディが語ったことが思い出されます。ここでは、彼女がエキゾチックダンサーになったいきさつと、その職業を選んだ理由がわかります。 彼女は、ダンサーになる前の考えと比較しながら、その業界に対する印象も話します。彼女の話ではっきりわかるのは、セイディの問題の原因は、学校の同級生たちであって、クラブの客ではないことです。 後のダイアログでわかるように、セイディは貧しい家の出で、大学に行くことは彼女にとっては大変なことでした。でも、恵まれた家庭に育った他の子供たちの中では、決して気持ちがやすまることはありませんでした。 彼女がエキゾチックダンサーになったことは、そのことが学校の皆にばれてしまったために、社会的不平等に対する彼女の心の痛みをよりいっそう強めただけでした。結局、セイディの屈辱感の原因は二つあります。ひとつは、学校で男子たちに性の対象物のように扱われたこと。これは、女性としてのアイデンティティを傷つけています。そして、もうひとつは、他の生徒たちから裁かれた方法と、そこに働いているらしい、植え付けられた価値観の奥深さです。彼女にとってとくに強い痛手になっているのは、二つのうち後者の方です。



和訳です。英文とじっくり比較してみましょう。

忘れて


Sadie: あなたと紙一重のようなものよ、私がやってる…つまりやってたことは、たぶん。

Miles: クラブで踊っていたことだね。

Sadie: ええ…その仕事に就いたのは、大学に入学したばかりで、奨学金はもらってたけど、 それだけじゃ足りなくて、もうやりくりが大変になってたの…学校の図書館でもらう最低賃金の収入で生活費をまかなうのは難しかったわ。だから、その仕事は辞めて、ウェイトレスの求人に応募したの。バッカス、私が働いていたクラブの名前だけど、が新聞に出した広告を見てね。ダウンタウンスポットだってことは、金持ちの客相手で、つまりは多額のチップが期待できるってって思ったの。そのときはトップレスバーだってことは知らなかった。とにかく、私は出かけて行ってジミー、支配人と会ったんだけど、見るなり「ウェイトレスじゃなく踊ってみる気はない?」って言われたの。最初何言ってるのかわからなかった。そこで初めて知ったの。まあ、はじめは断って帰ろうとしたんだけど、ジミーに引き止められて、ここは安っぽいいかがわしい酒場じゃないし、ダンサーとして働けば本当に大金を稼げるって言われたわ…ほら、大学での私の状況は少し話したでしょ。とにかく、ちょっとためらいはしたけど、オーディションを受けたの…正直な話、そのときは本当に恥ずかしかったんだけど、なんとかうまくいったみたいだったし、私も踊ることに同意したの…つまり、繰り返すけど、それはトップレスバーだったの、全裸じゃなくてね、だからまともだと思ったし…それに初日、他の女の子たちと会ったんだけど、みんな綺麗で優雅でセクシーだったし…想像していたのとは全然違ったの。まったくポルノっぽくも下品でもなかったわ。だから最初は気に入ったわ。照明と音楽の中ステージに立って、思い切り踊って、店中の皆の視線を集めるは気持ちよかった…素晴しかったわ……

Miles: セイディ?

Sadie: ごめんなさい、まあ、そのすべての目新しさもすぐに消えはじめてしまったけど、代わりに思ってもみなかったことが始まったの…正直な話、たいていのお客さんはとっても良かったわ。評判が良くて料金が高いお店だったから、お客さんは主に、楽しく過ごすことだけを求めているビジネスマンだったの。確かにちょっと騒々しいこともあったけど、たいていの人は行儀が良くて、ルールを守ることを知ってたわ。

Miles: ルールって?

Sadie: 触らない、誘わない。そこは言ったとおり、高級だった…高級な店なの。ストリップクラブでもそう言っていいのなら。とにかく、学校に私がやってることを見た人がいて、そのうわさは山火事みたいに瞬く間に広まってしまって…最悪だった。友達は、友達だと思ってた人たちは、私に話しかけてくれなくなって、全然知らない人たちから「尻軽」とか「あばずれ」とか、もっとひどいことを言われたわ…悪夢だった…パーティに行けば必ず誰か酔っぱらった男子学生に体を触ろうとしたり、服を脱げって言われたりするところまで行ったのよ。

Miles: ひどいな。

Sadie: わからないけど…とにかく手短に言うと、住んでいたところを引き払って、ここに引っ越してきたの。学校から離れたところにね。仕事と勉強に集中して、暇なときにはたいてい職場の人と過ごしたわ…少なくとも彼らは人間らしく扱ってくれたから。在学中はずっと奨学金がもらえて、残りは仕事でもらえるお金でまかなったわ…そのうち悪口なんかは下火になって耐えられるレベルになったんだけど、そのころから最悪な状況になり始めたの。お偉い陪審員の仮面をかぶった、いわゆる知り合い−だって、そのときに    は友達だと思う人はとても少なかったから−やクラスメイトたちの、ひそひそ話や押し殺した笑いが何処に行っても付いてくるのよ…被害妄想ってわけじゃないの…隠れて何を言われているのか教えてくれる人もいたし、偶然小耳にはさむことも多かった…みんな私を仲間にいれたがらなかったし…私が誘っても一緒にしたがらなかったわ。少なくとも、悪口言う人は気持ちに正直だったのよね。陰湿だったわ。愛想のいい、「寛大な」陪審員のふりをしながら、その裏ではひどいものだったわ…ママとパパのお金で暮らしたり、ママやパパの車を運転したりできるパーフェクトワールドに居て、カンペキな、狭い白黒はっきりした狭い価値観を持つなんてステキよね。その価値観では、薄汚れたストリッパーに挨拶することは、心地よい善行だけど、本当に受け入れたり、絶対ありえないけど、友人になったりするのはすさまじく悪いことなの!

Miles: セイディ、そんなひどいことに耐えなくちゃいけないなんて… 羨ましくはないね。

Sadie: それがどんな風だか、あなたにはわからないわよ、マイルズ… 皆からまったく無視されるの。まるで存在しないかのようにね。少なくとも、私にはクラブがあって、そこには友達がいて、価値感を与えてくれたわ。今ではそれさえ失ったけど…
Miles: セイディ?…セイディ?

Sadie: マイルズ…大変、私ったらまたやってるわ…あなたにこんなこと必要ないのに…お願い、今日のこのことは全部忘れてちょうだい…また来るわ、必ず…でも忘れてちょうだい、いいわね…ごめんなさい、私ただ…行かなくちゃ…(急いで立ち去る)

 

※英語伝のホームページや音声付メルマガをあなたのお友達に紹介して下さい。
英語伝は派手な広告を控え、利用者にお友達を紹介していただくことで育ってます。
今後も質の高いコンテンツを無料でお届けするためご協力をお願いします。
お友達紹介はこちら

1つ前のページに戻る

 
英語伝は全ページリンクフリーです。
※ご意見、ご感想をおよせください。info@eigoden.co.jp

クールサイト英語伝はYahoo!Japanのクールサイトとして認定されています。

Copyright eigoden.co.jp - All Rights Reserved
英語伝の記事や画像、音声等の全掲載データは私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどを禁じます。