英会話のダイアログに音声付きの英語伝
英会話の英語伝
英語メールマガジン大人気メルマガ 英語伝スタッフスタッフ紹介 英語伝によくある質問よくある質問 必ず役立つ英語教材厳選英語教材 プライバシーポリシー
英語伝トップへ
誕生!英語手帳 2018年版
英会話音声再生方法
英会話リスニング題材
耳に英語のタコを作ろう
つかえる英会話集
日々役立つ
女性の英会話劇場
女性必見!
社会の窓から英会話
ちょっと知的な英会話
アメリカンジョーク集
笑えて学べる
リスニングクイズ
全神経を耳に集中!
今日のONEフレーズ
日向先生の使えるフレーズ

ショッピング
Pick Up Items
英語手帳2018
手帳で英語を学ぶ
カレンダーで英語
これ英語でなに?
0歳〜6歳
英語ママ絶賛DVD
イベント
海外旅行アンケート結果
437人が回答 旅の秘訣は?
投稿写真「海外旅行」にて
生の写真アルバム

英語学習のあれこれ
みんなで学ぼう
英語学習エッセイ集
英語学習のヒント満載?
これは使える!リンク集
英語が学べるサイトの数々
ダイアログです。音声を聞いてしっかり確認しましょう。

Nobody's Fault

Eventually a doctor comes to see Sadie and Andy about Miles. Sadie is still really worried that she’s the cause of what happened to him.

Words & Phrases

ngina pectoris
狭心症

spasm
けいれん、発作

oxygen-rich blood
酸素を豊富に含む血液

full-blown
十分に、本格的な

comparatively
比較的

angioplasty
血管形成

cooperate
協力する

on the safe side
大事をとって

Doctor: Excuse me, are you Mr. Miller?

Andy: Yes, that’s me. Andrew Miller, doctor. Is Miles alright?

Doctor: For now yes. Mr. Parker has experienced a mild attack of angina pectoris. It’s a sort of spasm in the heart caused by an insufficient level of oxygen rich blood. His heart was already in a weakened condition, and he tells me that he had left his apartment to go visit this young lady here -

Sadie: Yes, that‘s right, doctor… I’m Sadie…Sadie Jackson.

Doctor: Well, it seems from what he told me, Mr. Parker was worried about you for some reason and left his apartment to come to yours, and the emotional and physical stress of the whole thing must have weakened him enough to bring on the attack.

Sadie: I knew it was my fault…I knew it!…

Andy: Sadie, now don’t do this again, we talked about this. Miles is a sick man…you can’t blame yourself for this.

Doctor: I have to say, Mr. Miller, is right, Ms…Jackson, was it?

Sadie: Yes.

Doctor: Anyway, any little bit of activity could have brought this on. Mr.Parker was supposed to stay in his apartment and rest for two weeks, after which he was to come back to the hospital for further examination. You see, we’re worried about his causing further deterioration of his heart muscle. Mr. Parker has never had a full-blown heart attack, but the one he suffered the other day was comparatively worse than the one three years back. We want to avoid an angioplasty, er, bypass surgery, if we can, but we need Mr.Parker to co-operate. He needs to rest. Now, we’re going to keep him overnight, just to be on the safe side. If his condition seems stable, we will discharge him tomorrow morning around 11am. Would you be able to pick him up at that time, Mr. Miller?

Andy: Yeah. No problem.

Doctor: Okay, great. Also, Mr. Parker has asked to see both of you. I must tell you though he is still feeling weak from the attack, so I will let you see him, but one at a time, for five minutes each. Okay?

Sadie/Andy: Okay.

Doctor: Right. Follow me, please.

ポイントとなる表現の解説です。

Here Sadie and Andy meet with the doctor, who has been treating Miles. He explains that Miles has suffered an angina attack, and that, while this was not a full blow heart attack, he and the other doctors are worried about the condition of Miles’ heart. As soon as the doctor says that the angina attack was the result of physical and emotional stress from earlier in the day, Sadie immediately reverts to her previous conclusion that this whole thing is her fault. Of course, after that both Andy and the doctor help to calm her down. From a linguistic perspective, you will notice that there is some medical vocabulary in this dialogue. Most of it is fairly common, however it is interesting how the doctor explains to Andy and Sadie what “angina” is and also how he corrects “angioplasty” to “bi-pass surgery.” Doctors are used to communicating using medical vocabulary, so it can be difficult sometimes to explain medical problems to patients or their families. They often have to be careful about what words they use and qualify an medical terms that they feel the person they are speaking to might not know or understand completely.

 今回はセイディとアンディがマイルズの担当医と会う場面です。医者は、  マイルズには狭心症の発作があって、今回は本格的な心臓発作ではなかっ  たが、マイルズの心臓の状態については懸念される、と説明します。こ  こ数日の肉体的、感情的ストレスの結果、狭心症の発作が起きた、と医  者が言うや否や、セイディはたちまち、やっぱりすべて自分のせいだと  いう考えに立ち戻ってしまいます。もちろん、その後、アンディと医者  がなだめて彼女を落ち着かせます。言語学の観点から言えば、このダイ  アログにはいくつかの医学用語が用いられていることにお気づきでしょ  う。その大部分はかなり一般的に用いられていますが、興味深いのは、  医者がアンディとセイディに“angina” とは何かを説明したり、  “angioplasty”を“bi-pass surgery”に訂正したりする様子です。  医者は医学用語を使って伝えるのに慣れているので、医学的な問題を患  者や患者の家族に説明するのが難しいときがあります。医者が、注意深  く言葉を選び、聞き手が知らない、あるいは完全には理解していないと  感じた医学用語を言い換えなければならないことは、よくあります。



和訳です。英文とじっくり比較してみましょう。

緊急

Doctor: すみません、あなたがミラーさん?

Andy: はい、私です。アンドリュー・ミラーです、先生。マイルズは大丈夫 ですか?

Doctor: 今のところは。パーカーさんは狭心症の軽い発作を起こしました。 酸素を豊富に含む血液のレベルが不十分な場合に起きる心臓のけいれんのようなものです。彼の心臓はすでに弱っていて、彼が言うには部屋を出てここにいるお嬢さんを訪ねて−

Sadie: ええ、そのとおりです、先生…私はセイディ…セイディ・ジャクソンです。

Doctor: その、彼の話では、パーカーさんは何らかの理由であなたのことが     心配で、部屋を出てあなたの部屋に行った。その全ての感情的およ     び肉体的ストレスが負担となって、発作を引き起こしたんだろうと     思われます。

Sadie: やっぱり私のせいだったんだわ…やっぱり!…

Andy: セイディ、もうやめろよ、さっき話しただろ。マイルズは病気なんだ…自分を責めちゃいけないよ。

Doctor: ミラーさんの言うとおりです、えっと、…ジャクソンさん、でしたよね?

Sadie: ええ。

Doctor: とにかく、ほんの少し動くだけでもこういう発作が起こる可能性は ありました。パーカーさんは本来、部屋で安静にして、2週間休養をとらなくてはならなかったんです。その後、再検査のために病院に戻るはずでした。心配なのは、彼の心臓の筋肉がさらに弱ってしまうことです。パーカーさんは本格的な心臓発作を起こしたことはありませんが、 先日の発作は3年前の発作に比べるといくぶん悪化しています。できれば血管形成術、あーつまり、バイパス手術は避けたいと思っていますが、パーカーさんに協力してもらう必要があります。彼に必要なのは休息です。今回は、念のため一晩入院してもらいましょう。容体が安定すれば、明日の朝11時ごろに退院してもらいます。その時間に迎えに来れますか、ミラーさん?

Andy: はい。大丈夫です。

Doctor: よかった。それから、パーカーさんがあなたたち二人に会わせてほしいそうです。ただし、言っておきますが、彼はまだ発作で弱っています。面会は許可しますが、一人ずつ、5分ずつにしてください。 いいですね?

Sadie/Andy: わかりました。

Doctor: では、こちらです。


 

※英語伝のホームページや音声付メルマガをあなたのお友達に紹介して下さい。
英語伝は派手な広告を控え、利用者にお友達を紹介していただくことで育ってます。
今後も質の高いコンテンツを無料でお届けするためご協力をお願いします。
お友達紹介はこちら

1つ前のページに戻る

 
英語伝は全ページリンクフリーです。
※ご意見、ご感想をおよせください。info@eigoden.co.jp

クールサイト英語伝はYahoo!Japanのクールサイトとして認定されています。

Copyright eigoden.co.jp - All Rights Reserved
英語伝の記事や画像、音声等の全掲載データは私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどを禁じます。