英会話のダイアログに音声付きの英語伝
英会話の英語伝
英語メールマガジン大人気メルマガ 英語伝スタッフスタッフ紹介 英語伝によくある質問よくある質問 必ず役立つ英語教材厳選英語教材 プライバシーポリシー
英語伝トップへ
誕生!英語手帳 2018年版
英会話音声再生方法
英会話リスニング題材
耳に英語のタコを作ろう
つかえる英会話集
日々役立つ
女性の英会話劇場
女性必見!
社会の窓から英会話
ちょっと知的な英会話
アメリカンジョーク集
笑えて学べる
リスニングクイズ
全神経を耳に集中!
今日のONEフレーズ
日向先生の使えるフレーズ

ショッピング
Pick Up Items
英語手帳2018
手帳で英語を学ぶ
カレンダーで英語
これ英語でなに?
0歳〜6歳
英語ママ絶賛DVD
イベント
海外旅行アンケート結果
437人が回答 旅の秘訣は?
投稿写真「海外旅行」にて
生の写真アルバム

英語学習のあれこれ
みんなで学ぼう
英語学習エッセイ集
英語学習のヒント満載?
これは使える!リンク集
英語が学べるサイトの数々
ダイアログです。音声を聞いてしっかり確認しましょう。

Heartfelt Apology

Miles comes by Sadie's apartment the following day. He feels bad about what happened and wants to apologise to her.

Words & Phrases

disrespect
軽視、無礼

offend
罪を犯す、 〜の感情を害する

make up for
不足・損失などを補う、 取り戻す、差し引きゼロにする

flippant
ぶしつけな、軽薄な

either way
どちらにしても

impose
出しゃばる、威圧する、つけ込む

Sadie: Who is it?

Miles: Sadie, it's Miles, listen, please don't be angry with me. I just want you to hear me out. You don't have to open the door if you don't want to…I…I didn't mean any disrespect yesterday by what I said. It was just the first time I had heard about your job…I was just surprised is all. I really didn't mean to offend you and I've felt bad about the whole thing since you left yesterday. I brought you these (holds up a bunch of flowers to the peephole) to make up for it.

Sadie: (opening the door) I'm not sure I deserve those. Miles…I'm the one who should be apologizing to you. I had no right to speak to you that way. I guess I'm just sensitive about what people think of me…I've had some bad experiences in the past…

Miles: Well, I feel a bit relieved to hear you say that. I just felt so bad…I didn't think I could've communicated all those things with just one word, but you never know how what you say comes across to others. When I thought about it, I realized it must have seemed really flippant of me to give that kind of reaction…

Sadie: No. It wasn't anything like that…I was the one…I read into it what I assumed you would mean…it's a bad habit of mine…anyway I'm sorry.

Miles: Ok. Well, either way I bought these to cheer you up. Go ahead take them.

Sadie: They're really nice, Miles thanks. Would you like to come in?

Miles: I don't want to impose…

Sadie: No it's okay, really. Please, come in. (they go into the apartment). Just have a seat in there. I'll go put these in some water. I have this really nice vase I can put them in.

Miles: Oh, this is a nice place.

Sadie: (from the kitchen) Well, I try.

Miles: Oooh, what do we have hear…you a jazz fan there, Sadie?

Sadie: A little, I guess. What about you?

Miles: I grew up on the stuff. I love it…I used to play a little you know.

Sadie: (coming back to the living room) You played?

Miles: Well, not professionally or anything. It was more like a neighbourhood band.

Sadie: Still that's…that's interesting. I had no idea.

Miles: Well, that was a long time ago and…(Miles wobbles a little and looks like he's about to faint)

Sadie: Miles! Are you okay?

Miles: Yeah. I just felt a little woozy there. I'm fine…I'm…(loses consciousness and falls to the floor)

Sadie: Miles! Miles!…Oh my god…Miles!

ポイントとなる表現の解説です。

After the incident from the previous day, Miles comes by Sadie's apartment to give her some flowers and make up for what happened. Having cooled off a bit after her talk with Tanya, Sadie feels really bad about the whole thing and admits to Miles that she is a bit sensitive about what people think of her. We also learn from this dialogue that Miles used to play in a jazz band a long time ago. This will be important later on, but for now it is just a side detail. The dramatic finish to this dialogue involves Miles falling to the floor unconscious and Sadie not knowing what to do. One interesting expression in this dialogue is “to grow up on something.” Usually this expression is reserved for food, and talking about what kind of food you often ate as a child. However, it can also be used to talk about things that were a major part of your upbringing and education -- such as music, art, books, television shows, movies, sports, etc.

前日の事件の後、マイルズはセイディのアパートメントに立ち寄り、お詫びのしるしに花を贈ります。 ターニャと話して少し落ち着いたので、セイディは後悔し、人が自分のことをどう思うかということに少し敏感になっていることをマイルズに認めます。このダイアログからは、マイルズが昔ジャズバンドで演奏していたこともわかります。このことは後で重要になりますが、今のところは、二次的で細かい部分でしかありません。このダイアログは、マイルズが意識を失って床に倒れ、セイディはどうしてよいかわからない、というところでドラマチックに終わります。このダイアログでの興味深い表現は、 “to grow up on something” です。通常、この表現は、食べ物のためのもので、子供のときにどんなものをよく食べたか表します。しかし、を話すときに使われます。しかし、しつけや教育の主要な部分 ? たとえば、音楽、芸術、本、テレビショー、映画、スポーツなど ? について話す場合にも使うことができます。



和訳です。英文とじっくり比較してみましょう。

告白

Sadie: どなた?

Miles: セイディ、マイルズだよ、ねえ、怒らないで、ちょっと聞いて欲しいんだ。ドアは開けなくていいよ、もし開けたくないなら … 私は … 私は昨日、侮辱するつもりで言ったわけではなかったんだ。ただ、君の仕事のこと初耳だったから … ちょっと驚いただけなんだ。本当に君を怒らせるつもりはなかったし、昨日君が帰ってから、本当に悪いことしたと思ってね。お詫びのしるしにこれを持ってきたんだ。

Sadie: (ドアを開けて)私にそんな資格があるか自信がないわ、マイルズ … 私の方こそあなたに謝らなくては。あなたにあんな風に言う権利はなかったわ。私、自分のことを人がどう思うか気にしているだけなんでしょうね … 昔、ちょっと嫌なことがあったから …

Miles: そうか、その言葉を聞いてちょっとほっとしたよ。とても悪いことしたって思ったんだ … たったの一言ですべてを伝えられるとは思ってなかったけど、発言が他の人にどうとられるかはわからないものだからね。そう考えたとき、あんな反応をするなんて、本当にぶしつけに見えたにちがいないって気づいたんだ …

Sadie:いいえ、全然そんなことはなかったわ … 私のほうこそ … そういう意味だって思い込んでしまって … 私の悪い癖なのよ … とにかく、ごめんなさい。

Miles: よし。じゃあ、いずれにしても、これは君を元気付けようと思ってもってきたんだ。受け取ってよ。

Sadie:本当にステキね、マイルズ、ありがとう。お入りになる?

Miles: 面倒はかけたくないんだ …

Sadie:いいえ、大丈夫よ、本当に。お願い、入って。(二人はアパートメントに入る)そこに座って。私、これを水に活けてくるわ。とてもステキな花瓶があるの。

Miles: へえ、いい部屋だね。

Sadie:(台所から)まあ、いろいろ試しているの。

Miles: へえ、聞こえてくるのは … 君はジャズのファンなの、セイディ?

Sadie:少しは、そうかな。あなたはどう?

Miles: 私はジャズで大きくなったんだ。大好きだよ … 少し演奏していたんだよ。

Sadie:(リビングルームに戻って来て)演奏していたですって?

Miles: まあ、プロとかじゃなかったけどね。どっちかといえば、ご近所バンドって感じだったな。

Sadie:それでも … 興味深いわ。思いもしなかった。

Miles: まあ、昔のことだし … (マイルズは少し震えて、気絶しそうな様子)

Sadie:マイルズ!大丈夫?

Miles: ああ。少しクラクラしただけだよ。大丈夫 … 私は … (意識を失い、床に倒れこむ)

Sadie:マイルズ!マイルズ! … 大変だわ … マイルズ!


 

※英語伝のホームページや音声付メルマガをあなたのお友達に紹介して下さい。
英語伝は派手な広告を控え、利用者にお友達を紹介していただくことで育ってます。
今後も質の高いコンテンツを無料でお届けするためご協力をお願いします。
お友達紹介はこちら

1つ前のページに戻る

 
英語伝は全ページリンクフリーです。
※ご意見、ご感想をおよせください。info@eigoden.co.jp

クールサイト英語伝はYahoo!Japanのクールサイトとして認定されています。

Copyright eigoden.co.jp - All Rights Reserved
英語伝の記事や画像、音声等の全掲載データは私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどを禁じます。